[スレッド全体]

2012/1/24 (火) 18:56:54 ryoji 返信 削除
Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:9.0.1) Gecko/20100101 Firefox/9.0.1
[1747] Re5:ver2 の msi形式インストーラ(私家版) を作成してみました。
▼ syatさん
> OSによらず最新のmanifestでも良いのでは?

現行インストーラは、XP用/Vista用どっちのマニフェストをインストールするかを、ターゲット OS で決めてるんじゃなくて、マルチユーザを選択したかどうかで決めてるみたいです。シングルユーザなら XP用で、マルチユーザなら Vista用。そういう意味では現行の呼称がおかしいのですが、とりあえずここでは XP用/Vista用と表記します。

確かに、XP にインストールして XP で使い続ける(OS アップグレードはしない)分にはどっちのマニフェストを使ってても問題ないです。マニフェストを使い分ける必要があるのは、むしろ Vista/7 にインストールしたり、OS を XP から Vista/7 にアップグレードする場合です。

具体的には、Vista/7 で Program Files 下に sakura.exe が置かれた場合、
・マルチユーザ指定なら Vista用マニフェストが設置されているのが最善(ベスト)
・シングルユーザ指定で Vista用マニフェストが設置されていると最悪(ワースト)

という状況になります。

後者の状況になると Program Files\sakura\sakura.ini が上書き保存されなくなります。UAC がどういうものかを知らないユーザの場合、これを自力で解決するのはなかなか難しいと思います。
シングルユーザ指定の場合に Vista用ではなく XP用マニフェストが設置されていれば、sakura.ini の保存先は Virtual Store にはなりますが、正常に保存されて普通に使えます。なので、現行インストーラでは XP用を設置するようにしているのだと思います。

なお、XP ではシングルユーザ、Vista/7 ではマルチユーザがインストール時のデフォルト値になっていて、インストーラ実行時に「よくわからない場合は変更しないでください」と表示されるようになってます。

【追記】
最新マニフェストに追加した "DPI Aware" の部分については、両方のマニフェストに入ってても問題ないと思います。

2012/1/24 (火) 23:33:55 tohosaku 返信 削除
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64; rv:9.0.1) Gecko/20100101 Firefox/9.0.1
[1748] Re6:ver2 の msi形式インストーラ(私家版) を作成してみました。
▼ ryojiさん

 VirtualStore って、どちらかというと経過措置という意味合いの機能だと思います。個人的にはこれから配布するものは、マルチユーザのmanifestを実行ファイルに埋めこんで、XPのみ外部ファイルの manifestでシングルユーザに対応、というのが妥当かな、と思っているんですが、確かに既存のユーザーは混乱するかもしれないですね。

 インストール時に警告を出す以上の解決策が思いつかないです。(インストール時に、VirtualStoreのフォルダを検索して、ファイルサイズや更新時刻を示すとか、根性があればできるかもしれませんが。)

[▼次のスレッド]
INCM/CMT
Cyclamen v3.81
[ut:0.020][st:0.000]