インストール/アンインストール手順

インストール

単体配布版インストール

配布ファイルは zip形式にて圧縮されています。
解凍方法についてはここでは説明しません。
  1. 以前のバージョンのサクラエディタがインストールされている場合、実行中のサクラエディタを(常駐も含めて)すべて終了させます。
  2. 任意のフォルダを作成し、そのフォルダに配布ファイルsakura_xxxx-xx-xx.zip を解凍します。更新の場合は通常、上書きで構いません。
  3. Windows 2000以降で、ユーザー別設定にしたい場合は、sakura.exe.ini (sakura.iniとは別のファイル)を設置します。
     *Vista以降でVirtual Storeを無効にする場合はユーザー別設定が必須です。
  4. Windows XP以降でVisualStyleを有効にする場合はsakura.exe.manifest を設置します。また、Vista以降でVirtual Storeを無効にする場合にも sakura.exe.manifest が必要になります。
  5. ショートカット作成などは手作業で行って下さい。

注意
Vista以降のUACに対応していないバージョン(1.5.17.0以前)からバージョンアップする場合は、manifestを置くことでVirtual Storeが無効化されるため、これまで使っていた設定が引き継がれません。 必要に応じてsakura.ini を適切な位置へ移動するなどの対応をお願いします。 詳しくはVirtual Storeユーザー別設定および設定フォルダを参照。

パッケージ版インストール

パッケージ版(インストーラ)を利用した場合には、アンインストール情報などをレジストリに書き込みします。

  1. 実行中のサクラエディタを(常駐も含めて)すべて終了させます。
  2. ダウンロードしたsinstx-x-xx-x.exe を実行し、ウィザードに従ってください。
  3. 2000以降のOSでは新規インストール時のみユーザー別設定を行うかどうかの選択画面がでます。

注意
新バージョンに更新したことによってそれまで使えていた機能が動作しなくなる場合があります。
旧バージョンの実行ファイルsakura.exe と設定ファイルsakura.ini をバックアップしておくことをお勧めします。
この場合sakura.exe を単に別フォルダに移動しただけでは、ショートカットがリンク先を自動変更して旧バージョンを起動してしまうことがあるのでファイル名を変更したほうがいいでしょう。

注意
古いバージョンのパッケージ版では、最後の画面で「今すぐサクラエディタを起動」のチェックボックスがありますが、Vista以降のOSのときはOFFにしてください。ONのまま続行すると、BackSpaceが効かないなどの障害が発生します。その場合は常駐も含めてサクラエディタを一旦すべて終了させてください。

アンインストール

単体配布版アンインストール

  1. 実行中のサクラエディタを常駐も含めてすべて終了させます。
  2. sakura.exe のフォルダを丸ごと削除します。
  3. 2000以降でユーザー別設定を行っていた場合は、設定フォルダも削除します。
  4. Vista以降にてVirtual Storeが有効になっている場合は、"%LOCALAPPDATA%\VirtualStore" 以下にあるsakura.ini などのファイルも削除します。
  5. 自分で作成したショートカットなども削除してください。
ヒント
サクラエディタはレジストリへの書き込みは一切致しませんので、アンインストールにあたりレジストリを操作する必要はありません。

パッケージ版アンインストール

  1. 実行中のサクラエディタを常駐も含めてすべて終了させます。
  2. プログラムの追加と削除(アプリケーションの追加と削除)からアンインストールしてください。

ヒント
sakura.ini というファイルはサクラエディタの設定ファイルです。パッケージ版のアンインストールでは、sakura.ini は削除されません。

注意
通常sakura.inisakura.exe と同じ場所にありますが、ユーザー別設定を行っている場合やVirtual Storeが有効になっているなどの理由で、sakura.ini の保存場所が異なる場合があります。

sakura.iniの保存先
XP以前で標準インストールの場合sakura.exeと同じ場所
2000以降でユーザー別設定の場合ユーザー別設定および設定フォルダ参照
Vista以降でVirtual Store有効の場合"%LOCALAPPDATA%\VirtualStore\Program Files\sakura"
*パッケージ版でデフォルトのインストール先を指定した場合

パッケージ版ファイル一式

ファイル名内容
sakura.exeサクラエディタ 本体
bregonig.dll正規表現ライブラリ
(1.5.17.x以前ではbregexp.dll)
bsd_license.txtOniguruma LICENSE
macro.chmサクラエディタ マクロヘルプ
sakura.chmサクラエディタ オンラインヘルプ
(1.5.12.0以前ではsakura.hlpとsakura.cnt)
sakuext.exeサクラエディタ用関連づけ設定ツール (すい氏 ご提供)
sakuext.txtsakuext.exeの使用説明
sakura.exe.iniユーザー別設定構成ファイル
sakura.exe.manifestXP/Vista用manifestファイル
unins000.datアンインストーラ
uninstall.exeアンインストーラ
<keyword>フォルダ
ファイル名言語内容
ABAP4.kwdABAP4強調キーワード
ActionScript.kwdActionScript強調キーワード
AHK.colAutoHotkeyカラー
AHK.khpAutoHotkey強調キーワードヘルプ
AHK.rkwAutoHotkey正規表現キーワード
AviSynth.colAviSynthカラー
AviSynth.kwdAviSynth強調キーワード
AviSynth_Others.kwdAviSynth強調キーワード(その他)
AviSynth_Plugins.kwdAviSynth強調キーワード(外部プラグイン)
AviSynth_Properties.kwdAviSynth強調キーワード(ClipProperies)
AviSynth_Script.kwdAviSynth強調キーワード(スクリプト関数)
awk.kwdAWK強調キーワード (すい氏 ご提供)
bat.khpMS-DOSバッチキーワードヘルプ
bat.rlバッチアウトライン解析ルール
batch.kwdMS-DOSバッチキーワード (すい氏 ご提供)
bat_win2k.khpNT系バッチキーワードヘルプ
ccs_commands.kwdCCS-C強調キーワード
COBOL.kwdCOBOL強調キーワード
corba.kwdCORBA IDLキーワード (げんた氏 ご提供)
cpp.kwdC/C++強調キーワード
csharp.kwdC#強調キーワード
CSS2-GPL.txtスタイルシート/CSS2/CSS2.1LICENSE
CSS2-readme.txtスタイルシート/CSS2/CSS2.1README
CSS2.input.kwdスタイルシート/CSS2/CSS2.1強調キーワード(入力補完機能)
CSS2.khpスタイルシート/CSS2/CSS2.1キーワードヘルプ
CSS2.kwdスタイルシート/CSS2/CSS2.1 強調キーワード
d.kwdD言語強調キーワード
ecmascript.kwdJavaScript強調キーワード
HSP.colHSPカラー
HSP.KHPHSPキーワードヘルプ
HSP.KWDHSP強調キーワード
HSP.otlHSP強調キーワード
HSP.rkwHSP正規表現キーワード
HSP.RLHSPアウトライン解析ルール
html.kwdHTML強調キーワード
java.kwdJava強調キーワード
JavaScript.kwdJavaScript強調キーワード
mathml2.kwdMathML 2.0強調キーワード
movabletype.kwdMovableTypeテンプレート強調キーワード
optima-readme.txtOPTIMAREADME
optima.rkwOPTIMA正規表現キーワード
pascal.kwdPascal強調キーワード (n-tack氏 ご提供)
PERL.COLPERLカラー
Perl.kwdPerl強調キーワード(一般的な予約語と関数) (ふゆ^2氏 ご提供)
Perl.rkwPerl正規表現キーワード
Perlvar.kwdPerl強調キーワード('$' が頭につく予約変数) (ふゆ^2氏 ご提供)
php.khpPHPキーワードヘルプ
PHP.KWDPHP強調キーワード
PIC_CCS-C.kwdCCS-C強調キーワード
PIC_CCS-C.txtCCS-CREADME
pli.kwdPL/I強調キーワード
plsql.kwdPL/SQL強調キーワード
PPA.KWDPPA強調キーワード
ppmckc.colMML強調キーワード
ppmckc.rkwMML正規表現キーワード
pukiwiki-readme.txtPukiwikiREADME
pukiwiki.colPukiwikiカラー
pukiwiki.kwdPukiwiki強調キーワード
pukiwiki.rkwPukiwiki正規表現キーワード
python_2.5.kwdPython強調キーワード
rtf.kwdRTF強調キーワード
Ruby-readme.txtRubyREADME
Ruby.colRubyカラー
Ruby.hknRuby入力補完辞書
Ruby.rkwRuby正規表現キーワード
Ruby.ruleRubyアウトライン解析ルール
Ruby1.kwdRuby強調キーワード(予約語)
Ruby2.kwdRuby強調キーワード(組込み変数/定数)
Ruby3.kwdRuby強調キーワード(組込みクラス/モジュール)
Ruby4.kwdRuby強調キーワード(組込み関数/メソッド)
SHELL.kwdシェルスクリプト強調キーワード
systemc_2_0_1.kwdSystemC 2.0.1強調キーワード
S_MAC.KWDサクラエディタマクロ強調キーワード
S_MACPPA.DICサクラエディタマクロ入力補完辞書
S_MACPPA.KHPサクラエディタマクロキーワードヘルプ
tcl.kwdTcl/Tk強調キーワード
TeX.kwdTeX強調キーワード (tatei氏 ご提供)
tsql.kwdTransact-SQL強調キーワード
tsql2.kwdTransact-SQL強調キーワード (第二キーワード)
TTL.KHPTera Term Pro MACROキーワードヘルプ
TTL.KWDTera Term Pro 2.3 MACRO強調キーワード
TTL.RLTera Term Pro MACROアウトライン解析ルール
uwsc.dicUWSC入力補完辞書
uwsc.kwdUWSC強調キーワード(Ver 3.0)
uwsc.rlUWSCアウトライン解析ルール
uwsc2.kwdUWSC強調キーワード(Ver 3.0)
uwsc41.kwdUWSC強調キーワード(Ver 4.3c)
uwsc42.kwdUWSC強調キーワード(Ver 4.3c)
VB.KWDVisualBasic強調キーワード
vb2.kwdVisualBasic強調キーワード
VBScript.kwdVBScript強調キーワード
vb_asp.kwdASP強調キーワード
verilog.kwdVerilog強調キーワード
wsh.kwdWindows Script Host強調キーワード
xul-attr.kwdXUL強調キーワード
xul.kwdXUL強調キーワード

サクラエディタが作成する作業ファイルについて

サクラエディタをインストールした後にサクラエディタを実行すると、 sakura.exeのあるフォルダ(または設定フォルダ)に以下のファイルが作成されます。
sakura.ini サクラエディタ用の設定ファイルです。

キーマクロの記録を使うと、共通設定のマクロ一覧のフォルダに以下のファイルが作成されます。
RecKey.macキーマクロの記録ファイルです。

ソースと共に配布されているドキュメント

BugsInfo.txtバグ/フィックス情報  (開発メモ その1)
request.txt要望  (開発メモ その2)